迷色まくるの巡礼の日々

迷色まくるの巡礼の日々

ワクワクを優先して生きていく

寝る前に読むといい夢が見られる?宮下奈都さんのエッセイ『ワンさぶ子の怠惰な冒険』感想

宮下奈都さんのエッセイ『ワンさぶ子の怠惰な冒険』を読了しました。

今回のエッセイもすごく良かったです。宮下家と愛犬『ワンさぶ子』の日々の記録。すごく癒されました。ワンさぶ子、かわいい。宮下さんって小説もいいけどエッセイもものすごくいい。今回も幸せな気持ちになれました。寝る前に読むのがオススメかもです。1日の終わりに少しづつ読んでほっこりして眠りにつく。おかげさまで、毎日とてもいい夢が見られました。

以下感想です。


「子供は勝手に育つ。むしろ親は子供に育てられる」

という考え方で、子供の自主性に任せている宮下さん。たとえ子供が失敗してもそれも貴重な経験なんだと。子供のことを信頼しているんですね。そして子供も親のことを信頼している。素晴らしい関係。すぐ子供に口出ししたくなる僕。子供のためを思って、は親のエゴかな。見習って息子のことを信頼して見守るようにしたい。


宮下さんの家族は、読んでいて温かくてほっこりする。おおらかで優しい宮下さん。仲の良い子供達。マイペースな夫。

対して僕は、会社でせかせか働き、人間関係はギスギス。それを家庭にまで持ち込んでしまうことがある。宮下家のように、もっと人間らしくゆったりと生きていけたらな。


主役(であるはずの)宮下家の愛犬「ワンさぶ子」。ワンさぶ子目線による宮下家の描写「ワンさぶ子のおやつタイム」に癒されます。人間の諸々の事情を知らないワンさぶ子。

「人間って大変だな、もっと楽に生きればいいのに」
「主役なのに出番が少ない」

とか呟くのがお茶目でかわいい。

自分や自分の家族について客観的に観察する。それを犬目線で描写しワンさぶ子に語らせるのが面白い。自分は今はペットを飼ってないけど真似してみたいな。この本を読んでいると、もっと楽に生きていいって思える。仕事よりも家族を優先すべきだと。


毎日散歩するワンさぶ子と宮下さん。様々な人や犬に遭遇します。通常の登校時間より遅れて1人トボトボ登校していた少年の話が妙に気になりました。今は楽しく学校に行けているかな?人生苦あれば楽あり。これから楽しいこといっぱいあるし、助けてくれる人も出てくる。少しでも前向きに生きていってほしい。


まるで、「宮下さんの小説」のように優しい日々が続く宮下家。ですが最後の3ヶ月の展開にビックリ。自分の父の時のことを思い出し、涙が出てきました。事実だけど物語を読んでいるかのよう。そして、本の最後はとても温かな気持ちになれました。

このエッセイで、ものすごく気持ちが揺さぶられた部分があります。それは、息子さんが宮下さんに言った言葉です。

『もしも自分に何かあったとしても、今ちゃんと幸せだだから最後まで幸せに暮らしていたと思ってくれたらいいよ』

素晴らしすぎる言葉。お互いに家族を信頼して尊重する宮下家ならではですね。


僕のつたない文章では伝えきれないとってもやさしい気持ちになれるエッセイです。

家族の尊さ。

日々の何気ない幸せが大事なんだな。

そして、ワンさぶ子のお茶目な描写もホントに魅力的。

宮下奈都さんの小説や物語は、とても幸せな気持ちになれます。

心が疲れたら、また再読したいと思います。

6月某日 自分史を作成したい

自分史を作成したい。常々そう思っていた。辛かった過去。引きこもり寸前から社会への(半)適合までの過程を記録に残したい。自分の辛い経験と克服について、誰かの参考になればいいなと思って。


今回、まとまった時間をいただいたので、己の過去を振り返る作業を始めた。

幼稚園から現在まで、所属した組織、関わった人間等を紙に書きだす。その過程で、自分の暗黒時代(中学~高校)のことを思い出す。あの辛かった出来事の数々が脳裏に蘇る。。自分を傷つけた同級生。部活でのイジメ。クラスでの孤立。。ううぅ。しんどい。しんどすぎる。これは、今やる作業ではないかも。うつ病がひどくなりそう。。とりあえず暗黒時代のことを振り返るのは、もう少し復調してからのほうがいいかも。

読書感想文『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦 著 

【はじめに】

夜は短し歩けよ乙女

人から勧められて読みました。実は前から気になっていた本書。「黒髪の乙女」と「乙女に恋する先輩」が主人公(名前は出てきません)。それぞれの視点からそれぞれの頭の中身が文章化されてます。とても愉快な物語で、数ページに1回笑わせられました。期待以上の面白さで大満足した。

 

【感想】

一番の面白ポイントは魅力的な登場人物です。中でも主人公の2人について。以下に記載します。

 

・黒髪の乙女

とにかくかわいいです。天真爛漫で考え方が世間とのズレていて。好奇心旺盛さと怖いもの知らずの行動力。緋鯉の作り物を背中に背負って学園祭を練り歩く姿を想像しキュンとなります。乙女の愛のある「おともだちパンチ」を受けてみたい。親指を拳の外に出して招き猫のような手で繰り出すパンチ。最初にインパクト受けたなあ。そのネーミングセンス。一度聞いたら忘れられない。

・乙女のおもしろフレーズ

「ああ神様、そんなにもパンツを穿き替えない向こう見ずな彼をお守りください。色々な下半身の病気から!」

これは、恋の願掛けにのためパンツを履き替えない「パンツ総番長」のために乙女が神様にお願いしてます。なんて優しいのでしょう。

 

・先輩

とにかく思考や行動がウケる。恋に臆病でかっこつけ。考えすぎて外堀ばかり埋め、決定的な行動に出ない。若者の苦悩が詰め込まれている。若い頃の俺を見ているよう。いや、俺の場合は今もか。。なので、先輩にはメチャクチャ共感した。と同時に、自分の不甲斐ないところについて、本に指摘されてしまったのである。「彼女の存在に己の空虚を埋めんとする」というところとか。

 

・先輩のおもしろフレーズ

「彼女の後ろ姿に関する世界的権威といわれる男」

「諸君、異論があるか。あればことごとく却下だ」

「人事を尽くして天命を待つ」人事を尽くしまくった先輩のひとこと「そろそろ天命欲しいな」

「せめて後者がいいな」

「永久外堀埋立機関」

 

先輩が一生懸命外堀を埋めている(と思っている)のに、乙女にはあまり効果がないのがとても滑稽。でも、自分と重なるからちょっぴりココロが痛い。

 

乙女と先輩。先輩が外堀を埋め続けても乙女には響かない日々。でも、物語が進むにつれ様々な事象が絡んでいって。。。その具合が読んでいてとても楽しかったです。

 

・その他のキャラも超魅力的。

樋口さん、羽貫さん、東堂さん、李白さん、パンツ総番長、詭弁論部の皆さん、閨房調査団のみなさん。みんな、悩みはあるが本能のまま自分を全面にさらけ出して生きてる。とても魅力的。自分も欲望をさらけ出して生きてみたい。うらやましいです。読んでいてとても愉快でした。

 

・その他

この本は、おもしろフレーズがてんこ盛り。少しふざけていて、でもセンスのあるフレーズたち。どうしてこんなことがこんなにたくさん思いつくの?数ページに1回笑わせてもらいました。普段からこんなことばかり考えているの?他の作品ではどうなのだろう?すごく気になります。

 

あと、文章がとても古風。夏目漱石の坊ちゃんを想像しました。小説の舞台について、最初、大正時代かと思ってました。途中、1回だけ携帯電話が出てきて現代の話なんだとわかりました。現代を思わせるワードが数えるほどしかなく、それらがなければ昔の物語といっても通じそうです。

 

もう1つ。「布団の中でジョニーを宥める」この小説でジョニーの意味を始めて知りました。波乗りジョニーとかもそういう意味で使われてたのかな??

 

おもしろフレーズは日々の生活で使いたくなる。異論はあるか?あればことごとく却下だ!とか。そろそろ天命欲しいな。とか。

 

 

【まとめ】

メチャクチャオススメです。森見登美彦の他作品も読みたい。余談ですが、自分はしばらく読書から遠ざかってました。でも最近、読書の楽しさを思い出しました。自分にとって読書って大切な趣味であり癒しだったのです。1日30分、読書時間を確保し、じっくりゆっくり読んでいきたい。感想などメモしながら。そのほうが記憶に残るし長く楽しめる。読書って楽しいですね。最高の娯楽です。面白い本に出会えて幸せです。

 

揺れる心情をつらつらと。

友達がいなくても1人でやりたいことを楽しめている人ってすごいな。自分ってものをしっかりと持っているんだろうな。俺は、今世では友達ができにくいのであれば、友達がいなくても人生を楽しめる体質になりたい。友達がいないことに対する劣等感が全然抜けない。


1人が好きでソロキャンプをしているヒロシにキャンプ仲間がいっぱいできたって話。羨ましいな。俺も1人で楽しめることを極めていくうちに、同じ趣味を持ち同じ感性を持った仲間ができたらいいな。そんな趣味、持ち合わせてないけれど。


足りない、足りない、誰かのことが羨ましい、などと思っていても惨めなだけ。今あるささやかな幸せに感謝し、今を全力で楽しまなくちゃ。今週もあっという間に金曜日。あっという間に50代になってしまうよ。息子との時間、家族の時間を楽しもう。友達がいないからこそ時間を取れるんだよ。


幼い頃から友達ができにくい。一緒にいても気を遣う。早く帰りたいと思ってしまう。だから自分から誘うことが苦手だったんだ。人生のなかで気の合う人ってほんの数人。友達になれた人も少ない。その少ない友達も疎遠になったり、引っ越してしまったり。


本当に友達がほしいなら自分から輪の中に入っていくやろ?って言われたけれど。それができないから友達がいないんだ。気の合う友達がほしい。たわいもないことを気軽にしゃべれて、軽~くごはん食べに行けて、悩みや愚痴を言い合える。また、弱っているのかな。。


友達がいないことを悲観するから苦しいんだよ。いなくても人生を楽しんでいる人はいっぱいいる。いないことをオーブンにして、1人を楽しめばいいんじゃない。ただ、どうしうもなく寂しくなるときがあるんだよね。


最近の俺は情けない。話したい人と話せていない。気付かないふりをしてしまう。何かと理由つけて。周りの目が気になる。話すときに緊張する。なに話せばいいのかわからないなど。いいおっさんが気持ち悪いな。目を見て笑って挨拶するだけでいいのに。深く考えすぎ。もっとバカになればいいのに。


俺と一緒に晩御飯を食べてくれる貴重な同僚。たわいもないはなしをした。深い話はできないけれど気が紛れたよ。本当に話したい話をできる人は、俺の周りからいなくなってしまった。今まで、狭くて深い人間関係に依存していたなあ。依存できる人たちがいなくなってしまったから辛い。浅くて広い人間関係の方がいいのかも。


会社にいるおじさん。周りからどう思われても、けなされても、全くへこたれない人がいる。彼は、1人でどこへでも行き、グルメを楽しんでいる。家族に相手にされなくても気にしていない。羨ましいぞ、そのメンタル。人生を楽しんでいるなあ。


会社で本当の自分を出してみたい。喜怒哀楽を自由に表現したい。がんじがらめの鎖をとっぱらいたい。優等生の仮面を脱ぎ捨てたい。八方美人はもう疲れた。嫌われにくいというだけで、結局誰からも好かれないから。好きな人、話したい人と思いっきり話したい。下心丸出しで。

人生を楽しむのが苦手な自分に言い聞かせること

他人と比較して自分の足りないところを嘆いても意味がない。他人にはない自分の良さに着目しよう。大事なのは他人の評価ではない。自分の評価を大事にしよう。今日という日を自分の評価で頑張ったと思える1日にしよう。

今の経験、報われない立場などつらいけれど、今後に活きる時が必ずくる。重くとらえず深く考えずにたんたんとこなしていけばいい。

ジムに行かなくなって、刺激がなくなった。しゃべらないけど顔見知り。しゃべらないけど同じ目的のために頑張る同志。しゃべらないけど俺のことを気にかけてくれるインストラクター。そんな繋がりとも呼べない関係だけど、自分の中では大きかったみたい。新しい楽しみを、刺激を見つけなくては。

他人に過度な期待をするから疲れる、傷つくんだ。他人と比べるから足りないとか満たされないとか思ってしまうんだ。自分の人生を生きなくては、楽しまなくてはいけない。自分が主役。自分が楽しいこと、ワクワクすることを見つけ実践する。心の栄養補給をしなくては。

音楽のど素人が武生国際音楽祭2020に行ってきた。感化されピアノを習いたくなった。

f:id:Kalafinawkh:20200912234631j:plain

コロナ禍のため、しばらく行けてなかったピアノのコンサートに、本日久しぶりに行ってきました。

ベートーヴェン生誕250年に寄せて」会場は越前市文化センター大ホールです。

僕は音楽のど素人ですが、ピアノの音色が大好きなんです。好きになったきっかけはKalafinaライブなんですが。

今日も、みっちり2時間半、ピアノやバイオリン、チェロとのハーモニーを楽しんできました。

以下、素人ながら所感を書かせていただきます。

ベートーヴェン 「エリーゼのために」 伊藤恵
コンサートプロデューサーの伊藤恵さんによるピアノ演奏。誰もが知っている曲ですね。指のタッチがものすごくやわらかでした。楽譜はなく頭に入っているようです。

ベートーヴェン 「幻想曲風ソナタ」 伊藤恵
最初はゆったりと楽章が進むにつれ激しく、低音から高音に指が勢いよく移動する。感情をピアノにたたき込んで演奏してました。プロだなあって思いました。

・ペリオ 「セクエンツァⅧ」 山根一仁
イケメンバイオリニスト。バイオリンっぽくない演奏でした。最初、子供がバイオリンで遊んでるような感じで、大丈夫なの??って思った。パンフレットによると、「超絶技巧や特殊奏法の連続で、そのアイデアの豊かさと、放出されるエネルギーの強さは聴くものを圧倒する」だそうです。たしかに圧倒されました。エネルギー、ほとばしってました。演奏、曲のイメージは、「和」。山伏とか天狗をイメージしました。和的サスペンスっぽい感じでした。あと、バイオリンも指で弦をはじくんですね。チェロでは見たことあったけれど。この曲では左手ではじいてました。

ベートーヴェン 「ヴァイオリンソナタ 第7番」 毛利文香、北村朋幹
ピアノとバイオリンの競演。こちらは僕のイメージのバイオリン演奏でした。西洋的な。外国の湖のほとりで聴くようなイメージのバイオリン。こちらの方は弦を右手ではじいてました。2人の息はぴったり。バイオリンの方は正面を見て、後ろのピアノを見ていない。よく息が合うなあ。すごく練習したんだろうか。それともプロなら朝飯前?気になるところです。

細川俊夫 「小さな歌」 岡本侑也
チェロ独奏。こちらも「和」を感じさせる曲。時代劇で流れそうな感じ。鬼平犯科帳で流れてそう。演奏家の方が最前席のご老人(師匠?)に敬意を向け、その御師匠も観客の拍手に応えてた。誰なんだろう。偉い人?

ベートーヴェン 「チェロソナタ第4番」 岡本侑也、北村朋幹
ピアノとチェロの競演。こちらも前衛チェロ、後衛ピアノのフォーメーション。でも息ピッタリ。すごいなあ。タイミングをどうやって合わせてるんだろう?ピアノとチェロの掛け合いが見ごたえありました。

ヴェーベルン 「ヴァイオリンとピアノのための4つの小品」 毛利文香、北村朋幹
バイオリンとピアノの競演。前衛後衛のフォーメーション。こちらも息ピッタリ。というか、最初は演奏で対話をしているように感じたのだが、後半は対話というよりもバトルをしているかのようでした。すごかったです。バイオリンの方、あごの下にタオル?をかましているのはなんでだろう?汗でバイオリンが汚れるから?もう一人のバイオリニストの方もタオルをかましてました。

ラヴェル 「ヴァイオリンとチェロのためのソナタ」 山根一仁、水野優也
イケメン2人による競演。2重奏が美しい。こちらも掛け合いが聴きごたえありました。弦楽器っていいですね。


本日のコンサートにとても癒されました。コロナ禍で我慢の連続でしたがうっぷん晴らしができました。

演奏家のみなさん、情熱的な演奏をどうもありがとうございました。エネルギーがものすごく伝わってきました。

僕は、以前、ピアノを独学で始めようとしたのですが、楽譜が読めない、両手で弾けないで挫折しました。

しかし、今回のコンサートを拝聴して、やはり自分でも弾いてみたいと強く思いました。

どうしても、Kalafinaの楽曲、特に「アレルヤ」をピアノで弾きたい!

ピアノ教室に通おうかな~って思います。

人生1度きり。後悔しないようにやりたいことをやりたいと思います。

宣言します。僕には友達がいません。

誰も俺を褒めてくれないから、自分で自分を褒めたいと思います。誰も俺の話を聞いてくれないので、自分に向けて話をしたいと思います。誰も俺と遊んでくれないので、自分と遊びたいと思います。他者の評価よりも自分の評価を大事にしたいと思います。何よりも自分を大切にして生きていきたい。

家族でプールに行った。子供と一緒にスライダーを何べんも滑った。楽しかった。家族で楽しんだ。楽しかったな、久しぶりに。楽しさの共有。嫁と相容れないところは仕方ないと割りきって、共有できるところを全力で共有し、楽しめばいい。人生は楽しんだもん勝ちだよ。

コロナ禍で我慢しすぎておかしくなりそうだった。みんなもそうだろう。できること、してもいいことを少しずつ増やしていかないと。みんなでおかしくなっちゃうよ。

人が楽しそうに誰かと遊んだ話をすると空しくなってしまう。自分には友達がいない。そんな体験ができないと。いつまで繰り返す。僕には友達がいません。とカミングアウトしよう。それで済む。そして、誰かに合わせることなく、自分のやりたいことをやる。自分の人生を生きるんだ。

僕は友達がいません。宣言をしよう。隠していても惨めになるだけ。友達がいないので、1人で楽しいことをするんだ。自分の人生を楽しむんだ。1人が惨めでやりたいことをやらないのはもったいない。昨日、海に1人で水着で泳いだり日焼けを楽しむ女性がいた。カッコいい。お手本にさせていただきます。